腹脂肪を失う方法?

腹脂肪を失う方法? vitamin6 健康情報

腹脂肪を失う方法?

腹や腹部の脂肪は、ウエストラインから特定のインチが離れるまで、常に私たちを恐怖に陥れます.内臓脂肪は、肝臓、腎臓、腸などの腹部臓器が詰め込まれている腹腔内に存在する脂肪です。腹腔内脂肪とも呼ばれます。おなかの脂肪には、皮下脂肪と内臓脂肪があります。しかし、内臓脂肪と腹部脂肪という用語は同じ意味で使用されています。研究では、脂肪細胞、特に腹部脂肪細胞が生物学的に強力であると主張しています。それらはまとめて、個人の健康状態を決定するホルモンやその他の化学物質を分泌する内分泌腺または器官と見なすことができます。

概要

あなたはお腹周りの脂肪を落とすためにあらゆることを試しましたが、結果が出ませんでしたか?以下の記事を読んで、お腹の脂肪についてすべて理解しましょう。

内臓を保護するため、内臓脂肪の平均量は重要です。また、体のエネルギー貯蔵庫としても機能します。ただし、この脂肪が正常範囲を超えて増加すると、健康に悪影響を及ぼします。内臓脂肪の増加は、ホルモンの正常なレベルと適切な機能を妨げ、代謝障害を引き起こします。腹部脂肪は、腫瘍壊死因子やインターロイキン-6などのサイトカインを産生し、心血管疾患を発症する可能性を高めます.

サイトカインやその他の生物学的産物は、体のインスリンに対する感受性を高め、2 型糖尿病を引き起こします。また、高血圧や血液凝固障害を引き起こすこともあります。内臓脂肪は遊離脂肪酸も生成し、体内の脂質の合成に影響を与える可能性があります.また、異常な脂質レベル、インスリン抵抗性、呼吸器系の問題にも直接関係しています.また、女性では乳がんや胆嚢疾患を引き起こす可能性があります。上記の理由により、余分なお腹の脂肪を取り除いて正常なウエストラインを維持することが非常に重要です.

* たくさんの情報をチェックできます Vitamin Six *

(健康情報)

1 日を通して増減するカロリー。

人の年齢.関連トピック陰茎のサイズを大きくするために何かできることはありますか?傲慢な腹部脂肪を燃焼させるためのライフスタイルの変更トポマックスをやめると、ミルタザピンによって失われた体重が元に戻りますか?

遺伝的および遺伝的要因。

ホルモンの変化。

個人の習慣。

年齢が上がるにつれて、筋肉量が減少し、体が必要とするカロリーが少なくなります。このため、余分なカロリーは特にお腹に体脂肪として蓄積されます。加齢に伴う女性のエストロゲンレベルの低下も、お腹の脂肪の原因となります。遺伝子は、体重を増やしたり減らしたりする体の能力と、体の脂肪沈着の脆弱な部位を決定します.アルコールの過剰摂取も腹部脂肪に追加されます。

運動を始める:通常、運動は毎日の日課に含まれる最初のものです.適度な強さの動きは、定期的に 30 分から 60 分間行うことができます。身体活動は、血液中のインスリンのレベルを下げるのに役立ち、体が糖を渇望するのを防ぎ、肝臓が脂肪酸を使用するのを防ぎます.がん、脳卒中、糖尿病、心血管疾患、精神障害などの病気を発症する可能性を減らします。

ウェイトリフティング: 体育館でウェイトを上げると、カロリーが燃焼し、筋肉量が増加します。安静時でも、1 日のある時間帯にウェイトを持ち上げると、カロリーが失われます。

炭水化物の削減: 食事からの炭水化物の摂取を減らすことは、脂肪を減らすよりも体重を減らすのに役立つことがいくつかの研究で示されています.低炭水化物ダイエットは、低脂肪ダイエットよりもはるかに効果的に体重を減らすことができます。減量は脂肪の減少に加えて筋肉量の減少を引き起こすため、適切な筋肉量を維持するように注意する必要があります.

健康的な脂肪食: オリーブ オイル、ナッツ、種子、魚などの一価不飽和脂肪を最適量含む食事は、腹部脂肪を減少させる傾向があります。

野菜を含む前の食事: でんぷん質と非でんぷん質の両方の野菜は、飼料の大部分を占めており、最初に少なくともプレートの半分を食べる必要があります.野菜は繊維が豊富で、最初にそれらを食べると、他の食べ物を食べるスペースが少なくなり、健康に悪い可能性があります.

食事療法の代わりに食事計画を立てる: 食事療法で低炭水化物の消費を採用すると、衝動的に、健康的な糖を含み、繊維が豊富な果物、野菜、豆など、より健康的でより良い選択肢を選択するようになります.糖分が多く繊維質の少ない食品は食事から除外されます。

添加物を慎重に使用する: ソース、肉汁、サラダ ドレッシングなどの添加物を購入または使用する前に、脂肪とカロリーの豊富な供給源であることが多いため、その内容と効果を明確に把握する必要があります。

加工食品を避ける: パッケージ化された加工食品は、ナトリウム、砂糖、トランス脂肪の宝庫であり、それらはすべて体重増加に寄与するため、寄せ付けないようにする必要があります.

長時間座るのを避ける: 椅子に長時間つかまり続けることは、身体活動の利点と矛盾します。仕事で頻繁に動き回ることができない場合は、ワークアウトの利益を最大限に活用するために頻繁に休憩を取ることができます。

十分な睡眠: 研究によると、睡眠時間が 5 時間未満であると、体重が増加し、体に脂肪が異常に沈着します。

健康意識の高い人々の輪を選ぶ:研究によると、人は友人や愛する人が実践することに従う傾向があるため、健康と健康的なライフスタイルに焦点を当てた人々の近くのグループを持つことは、人の習慣に影響を与えます.

脂肪を失ういくつかの一般的で簡単な方法は次のとおりです。

結論: